ニキビ跡消すため肌力アップ~正しいケアでニキビ跡をイレイズ~

女の人

ニキビが治った後のケア

肌の手入れ

不要になった毛細血管

ニキビができると、肌はそれを治すために、その部分に栄養分をどんどん送り込もうとします。栄養分は血液によって運ばれてくるため、ニキビの周辺には多くの毛細血管が作られます。そのため栄養分によってニキビが治っても、その部分には毛細血管による赤みが残ってしまうわけです。このニキビ跡は、肌が十分に癒されて多くの栄養分を必要としなくなれば、不要となった毛細血管が消失することで、徐々に消えていきます。逆に言えば、それまでの間はこの赤みのあるニキビ跡は残ることになるわけです。しかしこれは、ターンオーバーを促す基礎化粧品の使用によって、早めに消すことができます。ターンオーバーとは、新しい肌が誕生することで古い肌が垢となり除去されていくことです。これが促されれば、それにより不要となった毛細血管もスピーディに消えていくのです。

肌の再生とニキビ予防

ターンオーバーを促す成分には、具体的にはビタミンAやプラセンタ、酵母エキスなどがあります。ビタミンAには、細胞分裂により肌表面を修復していく力が、プラセンタには、新しい細胞を生み出す力があります。そして酵母エキスには、肌を構成するコラーゲンを作る細胞を強化する力があるのです。そのためこれらが配合されている基礎化粧品を使用すると、肌の再生が進み、赤みが消えていきやすくなるのです。ただし、再びニキビができてしまっては、それによって新しいニキビ跡ができる可能性が生じてきます。それでは堂々巡りとなってしまうため、赤みを消すためのケアだけでなく、ニキビを防ぐためのケアも日頃からおこなっておくことが肝心です。ニキビができなくなることで初めて、ニキビ跡の悩みは本当の意味で解消されるのです。